新婚システムエンジニアのブログ

新婚システムエンジニア(SE)のブログです。IT系の話や資格関連、結婚生活について書きます

Chrome拡張機能(エクステンション)のマニフェストファイル(manifest.json)の書き方

私はいつもブラウザはGoogle Chromeを使っています。
Chromeを使っているといろいろな拡張機能を使うことは多いのですが、自分で作ったことはありませんでした。
そこで、Chrome拡張機能を自分で作ってみようといろいろ調べた結果、
マニフェストファイル(manifest.json)がどうやら大切そうだったので書き方について調べたものをまとめてみました。

と、その前にマニフェストファイル(manifest.json)とはJSON形式のメタデータを記述するファイル。
ファイル名はmanifest.jsonで固定。

name 拡張機能の名前。45文字まで。
description 拡張機能の説明
version 拡張機能のアプリのバージョン
manifest_version 現在有効なのは「2」
default_popup ポップアップ表示したいページ。popup.htmlで固定
default_icon 拡張機能のアイコン画

簡単にですが、まとめるとこんな感じです。
そんなに時間は取れないけど、ちょっとプログラミングしたい時にChrome拡張機能を作って動かしてみると満足感がありますね!!