新婚システムエンジニアのブログ

新婚システムエンジニア(SE)のブログです。IT系の話や資格関連、結婚生活について書きます

働き方改革の中でよく言われる副業解禁について

働き方改革の中でよく言われる副業解禁について色々と調べてみたのでまとめて見ようと思います。

そもそも、労働基準法ではアルバイトや副業を禁止することはできません。
なぜなら憲法職業選択の自由が保障されているからです。

ただし、社内では就業規則が制定されていると思います。
就業規則では副業を禁止する旨を記載している会社が多いです。

では憲法と社内の就業規則どちらが強いかというと憲法の方が強いようです。
兼業していることを理由にして、裁判となれば会社側が敗訴することが多いようです。

2018年1月に厚生労働省は「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を策定しています。
働き方改革では政府は副業や兼業も推進して多様な働き方ができるようにし、人手不足を補おうとしているようですね。

では、副業解禁がいつからかというと国としては、もうすでに始まってはいるらしい。
ただし、就業規則の改定時期は会社ごとに違い一部の企業だけが対応し始めたという状態のようです。
結局会社が変わらなければ、副業解禁には至らないという現実がありますね。

少しずつ少しずつ変わっていくでしょうから、そのうちダブルワークが当たり前の時代が来るのかもしれませんね。
しかし、多くの人が副業をしなければ生活水準を保てない時代に入っていくと考えると虚しさもありますね。