子育てエンジニアブログ

子育てに励むシステムエンジニア(SE)のブログ

【Java】【Spring】SpringにLombokをインストールする方法

最近JavaフレームワークであるSpringを使い始めました。
そのため、今回はSpringで使えるLombok(「ロンボック」もしくは「ロンボク」)という便利なライブラリを
Springで使用できるようにインストールしてみようと思います。
ちなみにLombokは、getterやsetterなど何度も繰り返し書くコードやコンストラクタを自動で実装してくれる便利なライブラリです。

Springの環境構築については、こちらをご覧ください。
stsa.hatenablog.com

ちなみに環境は以下の通りです。
OS:Windows 10 64bit
JDKJava SE 14
Spring:Spring Tools Suite4 (4.6.2)
開発環境:Spring Tools 4 for Eclipse

それでは早速、Lombokをインストールする手順についてです。

1.JDKのダウンロードとインストール

JDKをダウンロードし、インストールします。

①下記サイトにアクセスし、Downloadをクリックします。
f:id:STSA:20200605205008p:plain

URL
projectlombok.org

②ダウンロードが完了すると、下記のようなjarファイルがダウンロードされるので、ダブルクリックします。
f:id:STSA:20200605205020p:plain

③ダブルクリックすると、下記のような画面が表示されるので、Specify locationをクリックし、SpringToolSiteのexeの場所を選択します。
自動でSpringToolSiteのexeを探しに行くので、待っていてもいいですが、場所によっては見つけてくれないので自分で選択した方が早いです。
そして、場所が確定したら、Install/Updateをクリックします。
f:id:STSA:20200605205031p:plain

④インストールが完了したら、Quit Installerをクリックします。これでインストールは完了です。
f:id:STSA:20200605205042p:plain

以上、今回はSpringにLombokのインストールをする方法についてでした。

関連記事
stsa.hatenablog.com

【Java】【Spring】Spring Tool Suiteの環境構築方法

どうも、最近個人的にSpringフレームワークを勉強し始めました。
Springフレームワークは、Javaでよく使用されるフレームワークです。
今回は、Springの開発環境であるSTS(Spring Tool Suite)の環境構築の手順について細かく書いてみたいと思います。

この記事を作成したのは、2020年6月5日で、なるべく最新の環境構築で作るようにしています。

今回構築した環境は以下の通りです。
OS:Windows 10 64bit
JDKJava SE 14
Spring:Spring Tools Suite4 (4.6.2)
開発環境:Spring Tools 4 for Eclipse

1.JDKのダウンロードとインストール

JDKをダウンロードし、インストールします。

①下記サイトにアクセスし、JDK Downloadをクリックします。
f:id:STSA:20200605161222p:plain

URL
www.oracle.com

インストーラーのリンクをクリックします。
f:id:STSA:20200605161239p:plain

③ダウンロードボタンをクリックします。
f:id:STSA:20200605161250p:plain

④ダウンロードが完了すると、次のようなexeがあるので、ダブルクリックしてインストーラーを実行します。
f:id:STSA:20200605161303p:plain

⑤次へをクリックします。
f:id:STSA:20200605161511p:plain

⑥次へをクリックします。
f:id:STSA:20200605161523p:plain

⑦インストールが完了したら、閉じるをクリックします。
f:id:STSA:20200605161538p:plain

2.パスの設定

インストールしたJDKのパスを設定していきます。

①コントロールパネル > システムとセキュリティ > システム > システムの詳細設定 の詳細設定タブの環境変数をクリックします。
f:id:STSA:20200605161600p:plain

②変数名を「JAVA_HOME」にし、変数値をJDKをインストールした場所を設定します。
f:id:STSA:20200605162542p:plain

③次に変数の「Path」を修正します。すでにある値を消さずに「%JAVA_HOME%\bin;」を追加します。
f:id:STSA:20200605162652p:plain

3.STSのダウンロードとインストール

①Springのサイトにアクセスし、少し下の方にダウンロードリンクがあるので、クリックします。
f:id:STSA:20200605163122p:plain

URL
spring.io

②ダウンロードが完了すると、下記のようなjarファイルがダウンロードされます。
f:id:STSA:20200605163222p:plain

③jarファイルを展開し、stsのリリースフォルダがあることを確認します。
f:id:STSA:20200605163320p:plain

stsのリリースフォルダの中に入ると、下記のような構成になっています。SpringToolSuiteのexeがあるので、ダブルクリックします。
f:id:STSA:20200605163427p:plain

⑤起動すると、下記のような画面が表示されますので、ワークスペースを決めます。デフォルトでいいと思います。
f:id:STSA:20200605163601p:plain

⑥すると、下記のような画面が表示されます。これで、STSの起動確認ができました。
f:id:STSA:20200605163637p:plain

4.STSの日本語化

STSはデフォルトでは、英語のためちょっと分かりにくいです。
そのため、Pleiades プラグインを使用してSTSを日本語化しておきます。
インストール前に、STSを落としておきます。

①下記のサイトにアクセスします。
f:id:STSA:20200605164236p:plain
URL
https://mergedoc.osdn.jp/

②サイトの少し、下の方にPleiades プラグイン・ダウンロードがあるので、自分の環境にあっているものをクリックします。
今回は、一番左のWindows
f:id:STSA:20200605164416p:plain

③クリックすると、下記のようにダウンロードが始まるので終わるまで待ちます。
f:id:STSA:20200605164547p:plain

④ダウンロードが完了すると、下記のようなzipファイルがダウンロードされていると思います。
f:id:STSA:20200605164628p:plain

⑤ダウンロードしたzipファイルを解凍すると、下記のようなsetup.exeがあると思うので、ダブルクリックします。
f:id:STSA:20200605164720p:plain

⑥すると、インストーラーが起動し下記のような画面が表示されるので、選択をクリックします。
f:id:STSA:20200605164823p:plain

⑦Spring Tool Suiteのexeを選択します。
f:id:STSA:20200605164936p:plain

⑧選択が完了すると、情報が表示されるので日本語化するボタンをクリックします。
f:id:STSA:20200605165038p:plain

⑨インストールが完了すると、下記のようなメッセージが表示されます。
f:id:STSA:20200605165127p:plain

⑩インストールが完了後もう一度、SpringToolSuiteのexeをダブルクリックして起動し日本語化していることを確認します。
f:id:STSA:20200605165232p:plain

以上で、Spring Tool Suiteの環境構築が完了です。

今回は、Springの開発環境であるSTS(Spring Tool Suite)の環境構築の手順について書いてみました。
始めてだったので、細かく書いています。
これで手を動かしながらSpringの勉強ができます。

【MySQL】【SQL】紀元0年1月1日からの日数を得るSQL

本日はMySQLで紀元0年1月1日からの日数を得るSQL文についてです。

TO_DAYS関数を使用すると、紀元0年1月1日からの日数を取得することができます。

では早速、SQLと実行結果です。
日付は本日の日付で、2020年6月3日を指定します。

SQL

select to_days('2020-06-03')

実行結果
f:id:STSA:20200604170559p:plain

以上、紀元0年1月1日からの日数を得るSQLについてでした。