子育てエンジニアブログ

子育てに励むシステムエンジニア(SE)のブログ

Google Chromeの拡張機能『その本、図書館にあります』

Google Chrome拡張機能『その本、図書館にあります』と言うのを知ったのでメモ。
最初にお気に入りの図書館を登録しておけば、その本が図書館にあるかを表示してくれる。
図書館に欲しい本があるかどうかわかるなんてすごい。
これは使い倒したい機能。

chrome.google.com

疲れ果てた

最近の仕事の話ですが、正直疲れ果てたなと思います。

ずっと高負荷な状態が続いており毎月残業時間も相当。

定時内は基本打ち合わせして、その後残業時間で仕事する感じ。

残業時間も定時後の遅い時間に入ってきたりする。

そのせいで何もできない日々。

そして打ち合わせが多すぎて、誰が何をどこまで把握しているかわからない。

そしてコミュニケーションロスが生まれる。

打ち合わせに意味ないとかは思わないけど、多すぎるとダメだね。

限界突破して働き続けた結果が、悪い結果で返ってくる。

頑張るってなんだろう。

頑張っても意味はない。

違う。頑張るの意味を履き違えている。

頑張るは全力でやるということじゃない。

頑張るは余裕を持ってそこそこやるってこと。

そこそこでいい。全力でやるのは頑張ってないよ。

だって何かに全力を出してたとしたら他のパラメータは下がっているはず。

他のことは全く頑張っていないと言うこと。

本当に頑張っていると言うのは、バランスよく全てをそこそこやっている状態。

そのバランスが難しいのだから。

そこそこやっているのが一番頑張っている状態。

ただし、社会で評価されると言うのは、武器を持っている人だと思う。

武器を持っていると言うのは一芸に秀でている人。

つまり特定のものに全力を注いでいる人。

それが評価されるのは事実だと思う。自分もそうなりたいって思うこともある。

でもそれは長続きが難しい。

バランスが取りにくいから。

でもそうやっても目立つことができれば、他の人と差別化ができる。

それがいい評価につながるかどうかはわからないが。

でも、自分の武器ってなんだろうって考えた時、一番の武器はバランス力だったはず。

実はこれって平凡だけど、一番最強な武器なんだよな。

最近はそれを忘れていた。

今日は思っていることを無心に書いてみました。

社会人として働くことの大変さ

社会人として毎日仕事をするって当たり前のことのように思えますが、実際それってとてもすごいことだと思います。

大学生の時は社会人になるということは下記のような感じなんだろうと思っていました。
実際、あながちそんなに間違っていないのですが。。。

社会人になる = 毎日朝から夜まで働き、土日しか休みがなく、長期休暇は取れず、いろんな方面とのやりとりで精神はすり減り、毎日残業し、朝暗い時間に出社し夜暗い時間に退勤、ご飯はコンビニorカップ麺、結婚し子供が産まれると養うことに責任を感じ、仕事の責任は年数が上がる毎にどんどん重くなっていく、出世争いで関係はギスギスし、仕事優先になり家族の時間は取れず、プライベートの時間は皆無、運動できないので身体は年老いていく、そんな生活を40年以上続ける(定年が引き上げされる事を想定)。

昔は夜中の3時まで仕事したり、土曜日も仕事をするのが当たり前だったらしいので昔と比べたらまだましなのかな。。。
ただ、昔よりも確実に仕事の密度は上がっている気がしますが。

1年仕事を続けるというだけでも大変な事なのです。
毎日仕事をしているだけで誇って良いのではないかと思います。

さて、なんだかダークな事を書いてしまいましたが、今年1年頑張りましょう。